会社沿革

明治19年 1886年 渡辺藤吉本店の付属工場として博多の西町に創業、後に千代町に移転 。
水揚げポンプなどを製作
明治37年 1904年 陸軍の輜重車の製造を開始
大正5年 1916年 合資会社 渡辺鉄工所に改組
大正8年 1919年 株式会社 渡辺鉄工所に改組 、水雷兵器部品の製造を開始
大正10年 1921年 海軍指定工場となる 、魚雷発射管の製造を開始
大正12年 1923年 航空機用車輪(軍用)を試作
昭和5年 1930年 雑餉隈に工場移転、 飛行機製造工場を新設
昭和6年 1931年 試作一号機(3式2号陸上初歩練習機)完成、生産開始
昭和7年 1932年 魚雷の製造を開始
昭和9年 1934年 『96式小型水上偵察機』完成、生産開始
昭和10年 1935年 兵器専門工場となる
昭和12年 1937年 陸軍機生産のため大刀洗製作所を分離設立
昭和15年 1940年 零式水上偵察機11型(愛知設計)を生産開始
昭和16年 1941年 2式陸上基本練習機『紅葉』完成、生産開始
機上作業練習機『白菊』完成、生産開始
昭和18年 1943年 九州兵器株式会社と九州飛行機株式会社に分離改称
昭和19年 1944年 海軍 哨戒機『東海』完成、生産開始
昭和20年 1945年 海軍局地戦闘機『震電』完成 、終戦により九州鉄工株式会社に商号変更
昭和24年 1949年 企業再建整備法により、株式会社渡辺鉄工所を設立
炭坑用人車救急車の製造を開始
昭和25年 1950年 八幡製鉄所の製鉄機械の部品製作を開始
高速新聞輪転機を製造、西日本新聞社に納品
昭和30年 1955年 防衛庁魚雷発射管の製造を開始
昭和34年 1959年 製鉄用薄板処理プラントの製造を開始
昭和37年 1962年 スリッターラインの製造を開始
昭和38年 1963年 石川島播磨重工業製汎用機のサービスを開始
昭和39年 1964年 シャーラインの製造を開始
昭和42年 1967年 自動車用車輪製造プラントの製造を開始
昭和60年 1985年 渡辺鉄工株式会社に社名変更
平成5年 1993年 仕上工場増改築落成
平成18年 2006年 経済産業省より『明日の日本を支える元気なモノ作り中小企業300社』に選定
平成26年 2014年 防衛省海上幕僚長より感謝状を受領
防衛省装備施設本部長より感謝状を受領

TOPICS

2017 /3/13
新卒採用情報を更新いたしました。
2016 /3/1
特定個人情報等の適正な取扱いに関する基本方針を表明致します。
2015 /1/20
福岡銀行柴戸頭取がFFG調査月報の取材の為、来社されました。
※2015年1月号掲載
2014 /12/4
防衛省より感謝状を受領しました。
2013 /7/5
第49回献血運動推進全国大会にて銀色有功章を授章しました。
2012 11/1
福岡商工会議所の視察会が開催されました。
2012 9/28
英語版のページ を公開しました。


ページトップへ
Copyright (C) 2012 WATANABE ENGINEERING CORPORATION All Rights Reserved.